吟遊詩人と冒険の書
音大生の創作とオタク日記。 含有成分は同人要素。
2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/07/24(木) 04:16 感想
ハリー・ポッターと死の秘宝、読了。
終わったー。

午後6時から午前2時半まで、ほとんどノンストップで読み終えました。
ハリー・ポッターシリーズ最終巻です。

大好きだったこのシリーズもおしまいかー。
十年近く読み続けてきたけど、これで終わりかと思うと寂しいね。
少し前半が読んでて苦しかったんですが、伏線も回収しきってよかったよかった。
しばらくはハリポタ一色になると思います。このブログ。

そして。
この巻のスネイプ先生のかわいさは異常www
出番自体は少ないし、むしろ4巻とか5巻のがかっこいいんだけどね!
ネタバレ微妙に読んじゃってたし、あれなんだけども。

続きからネタバレ感想。

自分で読みたい方、特にスネイプ先生お好きな方は、ここから先見ないことをお勧めします。
一個イラストあり。
話も前後入り乱れてます。ご注意。
一応、反転。








初っ端からスネイプ先生です。
ヴォルちゃんに忠誠誓ってるように見せかけてる。
マルフォイ一家はなんかかわいそうな状態に。

第二章で、ハリーはダーズリー一家とお別れする模様。
この辺のダドリーは予想できないくらいかわいかったねー。
ハリーに感謝してたみたい。
年相応の男の子の親戚同士って感じがして、ここは結構ぐっときました。
19年後にもなにかしら交流があったらいいな。

しっかし初っ端からけっこー死にやがりますね。
ムーディーは私も不死身だと思ってたよ。
ジョージはスネイプに耳落とされるし。
まあ事故だったって後でわかるけどね。
てかこの非常時に結婚式とかようやるわwwww
ここで情報をいろいろ手にいれたりするけど。

分霊箱を探す旅はちとタルイ。
でもクリーチャーが異常なかわいさを発揮しだしたり、ルーピンとトンクスに息子ができたり、ラジオで喋っちゃってるリーとかがかっこよいやら懐かしいやらだったり、はさまれるイベントがいろいろありました。(省略しすぎ)
魔法省潜入やら銀行強盗のあたりはwktkした。
でも途中でハリーが不用意にヴォルちゃんの名前言ったせいで全員捕まるなんて間抜けな事態になったのはアホすぎ。
どんなアホの子だよこの子!
ピーターもドビーもここで死ぬのよね…。
ピーターはまあええとして。
でもここでルーナやらオリバンダー回収せないかんかったから仕方なかったのか。
ちょっとご都合主義が見え隠れ。
そこまで気になるものでもないけど。
しかしルーナの活躍ッぷりはいいですね。
癒しキャラすぐる。

後半、学校に戻ってきたのはやっぱり懐かしい。
ネビルってば、すっげえ成長を遂げてるよ!
かこいいー。
ハリポタはやっぱり学園ものじゃないとなあーって感じでした。
面子が懐かしすぎるよー。
最終決戦にふさわしいね!燃える。

あと、血みどろ男爵が灰色のレディにベタぼれでその末にかっとして彼女を殺しちゃったってエピソードにものすごく萌えた。
どこの昼ドラよ。
でも意外に一途で萌えだよ男爵。


しっかし、マクゴナガルの「スネイプ先生は、俗な言葉で言いますと、ずらかりました」に盛大に吹いた。

しかもね、スネイプ先生校長になってるんだよね。
あと兄妹に地味に萌え。

自分から憎まれ役を買ってでるスネイプ先生が不憫でならん。
結局彼ってダンブル以外の誰にも信用されてなかったんだよね。最後まで。
しかも結果的に微妙に無駄死にでしたよと。


最終巻まで生き残り、かつ最後まで敵か味方かわからず、重要な役割を全うして一人で死ぬって、なんておいしい位置なのかと!(そこかよ)
結局死に際に記憶を託して誤解も解けたし、かわいそうだし悲しいけど、よく頑張ったと称えたい。
遺言の「僕を見てくれ」が悲痛でなんとも…。そしてかわいい(をい
33章の「プリンスの物語」はすごく愛おしい気持ちでゆっくり読みました。
リリーと幼馴染設定萌えすぎる!!!
ずっと好きだったのねー。
しかも結構成長するまで親友だったっぽい。
かわいすぎるだろ。

そういえばこの巻、ブラックのことはあんまり良く書かれてないんだよね。
はじめからブラックはスネイプを「スニベルス」呼ばわりだし。

ほんと一途なスネイプがかわいいです。
リリーが「セブ」って呼んでるのもかわいいです。
なんか間違ってたら、リリーもセブルスもジェイムズもシリウスもリーマスもついでにピーターも、大人になるまでそれなりに仲良くしていられたんじゃないかと思うとやりきれない。
リリーを助けるために寝返ったけど、結局助けられなかったときのセブルスの後悔の仕方とかもう泣けてくる。
この時の間違いのためにスネイプは死んだのかなーと思う。

あのあたりの、ダンブルドアと話してるスネイプが好きです。
「君のもっともよいところを、決して明かさぬということじゃな?」というセリフが重い。
あと「組み分けが性急すぎるのではないか」って言われてびっくりしてるスネイプとかも大好き。
ダンブルの呪いを解こうとして必死になってるとことか。
結局ハリーに情が湧いちゃってたり、ずっとリリーのことを想ってて守護霊がリリーとおんなじ雌鹿になってたり、なんというツンデレ。
スネイプの、「永久に」というセリフが印象的でした。

スネイプ
私も死にたい


…萌えとか書いてるけど、彼の生き様を思うと切なくてしょうがない。


ヴォルちゃんはずっとスネイプが自分のものだと思っていたようです。
てっきりスパイだと気づいてるのかなと思ってた。
あといっぱい人死んだな。
ルーピンとかトンクスも死んだし。
蘇りの石の時、ジェイムズとかシリウスらと出てきたけどね、ルーピン。

まあこの辺は予想してたけど、フレッドまで死んだのはちょっとショック。
ピーブスが「ヴォルちゃんはボロちゃんになった」って歌ってるのに吹いたwww
気軽すぎるwwww


最後は19年後。
ハリーとジニーが結婚して、ロンとハーマイオニーが結婚してました。
ロンは運転免許をとったらしい。
ロンとハーマイオニーはどっちかが死ぬってずっとうわさされてたので、両方生き残ったのは意外でした。
子供たちをホグワーツに送るシーンは懐かしいね。
ハリーの子供はジェイムズ、アルバス、リリー。
ロンとハー子の子供はローズとヒューゴ。
ドラコの子供はスコーピウス。ここの家は爬虫類系なのか?
ビクトワールは誰の子だろ?ビルとかパーシーかな?
で、ルーピンの子はテディです。
ブラックとピーターとスネイプはいないのね、とがっかりしてたら。
アルバスの名前は「アルバス・セブルス」らしい。
しかしよくあれだけ生理的に受け付けない相手の名前子供につけたなwww
いくら恩人といえども。
アルだけがリリーの目を受け継いでるらしいです。

スネイプ、死んだとはいえ、えっらいおいしいな!(笑
盛大に萌えたわけですが。
むしろあれだけなついてたのにシリウスとかはいないんですか。

終末は穏やかだった。
静かに終わっていきましたね。

そしてスネイプ先生、大好きです。
死後はせめて安らかでありますように。

今度のイベントで本だそうかなと思う今日この頃。



タグ:ハリー・ポッター 感想 ネタバレ
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

新桃太郎伝説 プレイ日記  七日目 カリ城
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。